悪徳業者を見極める情報

カード現金化を利用するにあたって、誰しもが悪徳業者に引っかからないようにしたいと思っているはずです。
そこで、今回は悪徳業者に多く見られる情報をご紹介します。
この情報を元に、悪徳業者をきっちりと見極めて、カード現金化を行って下さい。

まず、転送電話です。
悪徳業者の中には、場所を隠して営業しているところがあります。
その為、ホームページに掲載されている電話番号に電話をかけると、レンタルオフィスに繋がります。
そして、レンタルオフィスに繋がった電話を、携帯電話などに転送するという仕組みを取っているのです。
こうした仕組みの場合、電話をかけると不自然な呼び出し音を耳にする事になるでしょう。
また、電話の声が遠かったり、こもっていたりとなかなか会話がしにくい状況になります。
このように、電話が転送されるような業者は、数人で運営している事が多いとされています。
しかも、場所が隠されているので、何かあったからといって、店舗に足を運ぶ事もできません。
これでは、信頼してカード現金化を依頼する事は、まず不可能と言えるでしょう。

続いて、連絡先の記載が曖昧であったり、画像で表示されたりするという事です。
連絡先である住所や電話番号が、ホームページに記載されていなかったりする場合、まず悪徳業者と呼べるでしょう。
また、記載されていたとしても、曖昧であった場合は信用すべきではありません。
さらに、連絡先が画像で表示されている場合も、注意が必要です。
何故なら、画像は検索エンジンに認識される事がないからです。
つまり、会社名を公にする事ができない悪徳業者は、連絡先を画像で表示する事によって、検索から逃れているのです。

これらの情報に当てはまるような業者では、まずカード現金化は行わないようにしましょう。
勿論、これらの情報に当てはまる事のない、信頼できる有料な業者も数多く存在します。
是非、信頼できる業者を見つけて、カード現金化を行うようにしましょう。