借金がある人でもクレジットカード現金化はできるのか

クレジットカード現金化はキャッシュが必要になった時に役立つサービスとして注目されています。利用者が増え続けている背景としては「すでに借金がある人でもこのサービスを活用できる」という点が大きく関係していると思います。

2010年に始まった「総量規制制度」により、住宅ローンなど特定のケースを除き、借入の上限は年収の3分の1以下までとなりました。もし総量規制の満額をすでに借り入れている場合、それ以上のキャッシングをすることは原則不可能です。とはいえ、クレジットカードのショッピング枠は総量規制制度の適用範囲外となっています。ですから借金がある場合でもショッピング枠を利用した現金化は可能なのです。

しかし、これまでキャッシングの返済が度々遅れたり、借金を保証人に肩代わりしてもらったことがある人の場合はショッピング枠の利用限度額を大幅に制限されたり、一時的なカード使用停止を通告されることもあるので注意が必要です。またキャッシング枠を使い切った上でショッピング枠を利用してギフト券などを大量購入する場合にもカード会社から警告を受けたり、購入手続きがキャンセルされる可能性があります。そのため現在かなりの借金がある人は、クレジットカード現金化を利用する前にまずは返済計画の確認をお勧めします。