即日振り込みのデメリット

キャッシングの場合は申込みをし、審査を経て、問題がなければ指定の口座に振り込まれるという段取りになります。
審査という過程を経なければならないために、特に審査が厳密な銀行系のキャッシングの場合には、口座に振り込まれる期間は長くなる傾向にあります。

では審査が必要ないカード現金化の場合はどうかといえば、オンラインで決済するキャッシュバックタイプの場合であれば、早ければ5分程度、依頼すれば即日の振り込みが可能です。
キャッシングに比べると審査が必要ない分、実際に指定の口座に振り込まれるまでの期間が短い場面があるといえます。

ただし、1つ気を付けておかなければならないことがあります。
それは、即日振り込みのタイプのカード現金化によく見受けられますが、振り込みまでの期間が短ければ短いほど、現金還元率が下がることもあるのです。
業者側にそれだけ急いで振り込んでもらうことになるわけですから、その分の手数料などで還元率が下がる仕組みになっているのです。