クレカ現金化でカード決済が怪しまれる理由と対策

法律的にはクレジットカードの現金化は違法ではないのですが、カード会社の規約違反です。

そのため現金化していることがバレると、利用停止などのペナルティとなります。

怪しまれる原因ってなに?

怪しまれる
クレジットカードの現金化の現場に、カード会社の人がいるわけではありませんが、利用履歴などを見て、そこから現金化が怪しまれることになります。

明らかに、カードを使って不自然な買い物やお金の流れがあった場合、ショッピング枠を現金化しているのではないかと怪しまれるわけです。

一番気を付けたいのは、新幹線のチケットや商品券などの金券です。

これらのものをカードで買うことは不自然ではありませんが、クレジットカードの現金化によく利用されることになります。

ですので、一度や二度くらいなら問題ないでしょうが、頻繁に高額な金券をカードで購入していると、カード会社から疑われる可能性があるので注意が必要です。

また、高額なブランド品などもカード会社から怪しまれる可能性があります。

高額なブランド品は、新品であれば高値で換金が可能であるため、カード会社も目を光らせている可能性があります。

高額商品という点では、ゲーム機の本体なども値段がそれなりにするので、注意が必要と言えるでしょう。

利用履歴の調査は常套手段

カードの現金化において、疑われてしまうのは、利用履歴が怪しい人の場合です。

これまで水道光熱費や携帯代金など、生活費全般の支払いにしか使われていなかったのに、突如、金券やブランド品などを、頻繁に利用するようになった場合。

この場合でも、本当にそういった使い方をしている可能性もありますが、カード会社としては怪しむ可能性が高いです。

また、現金化が必要な人はすぐにお金が必要であることが多いため、キャッシング枠が埋まっているかどうかもチェックされていると言われています。

カードのキャッシング枠に余裕があれば、なにも、リスクの高いショッピング枠の現金化などする必要がないわけです。

ですので、キャッシング枠が限度額いっぱいで埋まってしまっている人は、特に、カード会社から疑われやすいので注意するほうが良いでしょう。

カードの現金化で疑われにくいようにする方法はいろいろありますが、手堅いのは、複数のカードで現金化をするということでしょう。

また、最近だと仮想通貨を活用するという方法も注目されています。

いずれにしても、カードの現金化自体はこれからもなくなることはないと予想されます。

ですので、リスクをできるだけおさえて、必要な時だけ使うようにしたいものです。