ネット銀行でカード現金化は便利に!その方法をご紹介!

クレジットカード現金化は便利
お金はいつ必要になるか分かりませんよね。

そのタイミングは自分ではまったく想像すらつかなかったりすることも往々にしてあります。

例えば、突然の飲み会があった場合。

これは総じて夜が多いかもしれませんが、それは時を選ばず、あなたに手持ちのお金があろうがなかろうか、かまうことなく訪れたりすることもあります。

もちろん冠婚葬祭もその代表例の1つといえるでしょう。

では、そんなときカード現金化は強い味方になってくれます。

通常の銀行であれば、15時以降に振り込まれたお金は、翌日の対応となるため、例えば15時以降にカード現金化ショップを訪れ、カード現金化を行ったとしても、実際に口座に入金されるのは翌日になってしまいます。

しかし、入金先をネットバンキングにすれば、24時間いつでも入金が行われるために、「すぐさまお金が必要」という局面で非常に便利な存在となってくれます。

例えば、そのタイミングが夜間だったとしても、きちんと必要な金額が入金されるため、このようなピンチの場合にはネットバンキングの口座を1つ持っていると利便性は高まります。

 

では実際にクレジットカードを使った現金化がどのように行われるのかとネット銀行に振り込まれるまでを考えてみましょう。

クレジットカードを使った現金化の方法はとっても簡単。

クレジットカードを使ってできる現金化の方法まとめ~5つのやり方と注意点~というサイトにも書いてありますが、ショッピング枠を利用して買い物をするだけで振り込まれます。

ただしのこ場合は専門業者を利用するという事が必要となります。

ご自身でもできますが時間と労力が必要になるのと利用規約違反が発覚するリスクも高まります。

ですからできるだけリスクの少ない方法として専門業者を利用する方法を誤解してますが、騙されてしまっては意味がありません。

そのあたりはホームページなども参考にして確認をお願いします。

クレジットカード現金化を利用する前に相談窓口の活用を

クレジットカード現金化サービスを提供している業者はいろいろとあります。

しかしカード会社では、換金目的のカード利用を認めていません。

会員規約に明記されているはずなので、お持ちのクレジットカードの利用規約をチェックしましょう。

規約違反が発覚すれば、利用金額の一括請求やカードの利用停止、最悪強制退会させられる可能性もあります。

参考にしたサイト:ショッピング枠の「現金化は厳禁です!」|東京VISAカード

またクレジットカード現金化を利用することで、いろいろなデメリットが生じかねません。

上で紹介したようにカードが利用できなくなる恐れがあります。

また目先の金銭問題はクリアできても、結局借金が増えてしまう可能性が高いです。

クレジットカード現金化業者はショッピング枠を利用して商品購入すると、キャッシュバックという形で現金を支払います。

しかしこの現金、カードで購入した額よりも少ないです。

さらにカード会社に支払う際にリボ払いや分割払いを選択すれば、金利手数料がかかります。

つまり手に入れた現金よりも多くの金額を負担しなければなりません。

さらにクレジットカード現金化業者の中には悪徳なところもあるようです。

クレジットカードで商品を購入したけれども入金が確認されない、キャンセルしようとしたら違約金を請求されたなどの相談が公的機関に持ち込まれています。

このように利用規約違反を問われなかったとしても、クレジットカード現金化を利用したことで不都合なことが起こりえます。

クレジットカード現金化の利用を検討している人を見てみると、多重債務などで首の回らない状態になっている人が多いです。

カードローンを複数利用して、こちらからお金を借りられない、だからクレジットカード現金化を利用しようとしている人も少なくありません。

またカードローンの審査を通りそうにないからクレジットカード現金化を利用するケースも多く見られます。

このように借金問題で困っているのなら、クレジットカード現金化を利用する前に相談することが大事です。

多重債務の相談窓口は、いくつも用意されています。

弁護士や司法書士の事務所で相談窓口を用意していることもありますし、国民生活センターのような公的機関でも相談窓口を設置しています。

このようなところで相談してみると、借金を重ねることなく経済的な問題を解決できる方法をアドバイスしてもらえるかもしれません。

資金繰りに追われているようであれば、一度このような窓口に問い合わせてみるといいでしょう。

匿名で相談することも可能なので、気軽に連絡もできます。